カテゴリ:建築物( 83 )

「レトロな門司」

滅多にない・・・
いいえ、初めて新幹線で九州へ・・・
b0162442_22205620.jpg

レールスター
b0162442_2221587.jpg

そんな滅多に乗らない新幹線に乗ったのに、
信号トラブルで2時間も遅れた・・・
2時間で着く所、4時間余りかかってしまった・・・
門司が素敵だと聞き、行ってみた・・・
「門司港駅」
b0162442_23162787.jpg

b0162442_23183477.jpg

そして・・・「旧門司三井倶楽部」・・・
b0162442_222438100.jpg
b0162442_2225270.jpg

そして・・・「旧大阪商船」
b0162442_2226720.jpg

そして・・・「旧門司税関」
b0162442_22264869.jpg

そして・・・「国際友好記念図書館」
b0162442_22272057.jpg

なんと、この横に近代的な高層・・・
「門司港レトロ展望室」・・・設計は黒川記章
b0162442_22287100.jpg

何ともいろんな建物が素敵で・・・
b0162442_22304353.jpg
b0162442_2231103.jpg

ホテルも、雰囲気が違う・・・
b0162442_22313272.jpg
b0162442_22314982.jpg

軽い気持ちで、門司に行って・・・
素敵な建物ばかりで、びっくり・・・
これは建物探訪で、もう一度ゆっくり訪れたいと・・・
b0162442_22324511.jpg

名物らしい・・・焼きカレーをお昼に・・・
b0162442_22494729.jpg
b0162442_2250181.jpg

珍しく新幹線で出かけた、この日・・・
実は誕生日でした・・・
思い出に残る、新幹線でお出かけでした・・・♪

この後は、福岡・・・博多に・・・
[PR]

by mini-mini32 | 2011-11-13 23:13 | 建築物

「千年家 旧古井家の住宅」

そぞろ亭で、お蕎麦を頂いての帰り・・・
ちょっと、寄り道して、
来る時に看板を見つけていた・・・
「千年家」・・・
すぐにありました・・・
b0162442_21113624.jpg
b0162442_2112249.jpg

「千年家」と呼ばれ、室町時代末期の建築とされる「旧古井家住宅」・・・
現存する民家遺構としては全国で一、二を争う古さとされ、
地元では敬意を込めて「千年家」と呼んで、
「千年家」とは、建築年代の正確な記録がないほど古い民家に対する通称だそうです・・・
千年前の建物かと思った・・・^^
b0162442_21121619.jpg
b0162442_21131827.jpg

b0162442_21223141.jpg

b0162442_21265118.jpg
b0162442_21273149.jpg
b0162442_2127457.jpg

b0162442_21282630.jpg

b0162442_2128547.jpg

典型的な山村農家のようでした・・・
b0162442_21304335.gif

木造住宅でも手入れさえすれば、
数百年に渡って保持できることも語っているようです・・・
無料開放されていて、
いいものを見れたと、嬉しくなりました・・・

「千年家 旧古川家住宅」
千年家の公開は、土曜、日曜、祭日(年末年始は除く)
中国自動車道「山崎IC」から車で約10分

[PR]

by mini-mini32 | 2011-11-07 21:40 | 建築物

「天空の白鷺」

天空の白鷺に再度、見学に・・・
b0162442_21491319.jpg
b0162442_21495785.jpg
b0162442_215033100.jpg

瓦がまったく無くなってる・・・
b0162442_21505578.jpg
b0162442_21511515.jpg

スッピンになって・・・
b0162442_21514052.jpg

ここはまだ綺麗・・・
b0162442_21533731.jpg
b0162442_2153512.jpg
b0162442_21541442.jpg

2回目だったけれど・・・
5年間の間に、何回も来たいな・・・
だって、こんな姫路城の大修理、
今度は50年後位だとしたら・・・
間違いなく、見る事は出来ない・・・

1回目見学 ← ココクリック
[PR]

by mini-mini32 | 2011-08-26 22:17 | 建築物

『旧遷喬尋常小学校(きゅうせんきょうじんじょうしょうがっこう)』・・・岡山県真庭市①

難しい名前の学校です・・・「きゅうせんきょうじんじょうしょうがっこう」
以前にどこかで写真を見かけ、見てみたいと思っていました・・・
思うだけでなく、行動を・・・
中国縦貫で・・・約2時間^^
b0162442_1736433.jpg

ジャァ~ン
明治40年建築の木造校舎は、迎賓館のような洋風建築・・・
木造ルネッサンス風小学校・・・ 
b0162442_17304187.jpg

正面から見ると・・・完全な左右対照デザインで、
全体を写しきれませんでした・・・
b0162442_17312013.jpg

いろんな方向から・・・
b0162442_17325899.jpg

何とも素敵な佇まい・・・
b0162442_17334056.jpg
 
b0162442_17342778.jpg

校章でしょうか・・・
帆を張った高瀬舟で『久世』をデザインしたものだそうです・・・
b0162442_17344446.jpg

b0162442_17361076.jpg

b0162442_17403020.jpg

こんな素敵な木造校舎・・・
ワクワクしながら校舎の中に・・・
ナント・・・見学は無料で、勝手に見る事が出来ます・・・
びっくりです~
b0162442_1745246.jpg

b0162442_1746035.jpg

b0162442_17463975.jpg
b0162442_17465797.jpg
b0162442_17474066.jpg
b0162442_17481128.jpg
b0162442_1748539.jpg

2階に上がって・・・
b0162442_17491635.jpg

b0162442_17501561.jpg

映画で使われた教室がありました・・・
b0162442_17502895.jpg
b0162442_17503786.jpg

b0162442_17521262.jpg
b0162442_17522463.jpg

中ほどに、講堂が・・・
2階の中ほどに講堂ですよ・・・明治時代に・・・
しかも・・・・
b0162442_1755935.jpg

見るからに、手の込んだ立派な天井・・・
b0162442_17553214.jpg
b0162442_17554382.jpg

学校にこんな天井・・・
ここ、講堂に和建築の技術の高さを表したかったのかな・・・
b0162442_17555451.jpg
b0162442_17562267.jpg

校舎を裏から見ると・・・
やっぱり、左右対照です・・・
b0162442_19203631.jpg
b0162442_1921397.jpg


明治40年(1907年)に、
当時の町の予算の3倍に近い巨額な費用を投じて建てられただけあって、
二重折り上げの洋風格(ごう)天井となって、
鏡板はすべて節のない檜柾目板です・・・
透明の窓ガラスは短い期間しか造られなかった貴重な手造りだそうです・・・

モダンな建物は、映画のロケ地として、
「ALWAYS 三丁目の夕日」、「火垂るの墓」、「大病人」『犬神家の一族~」
など撮影され・・・
タイムスリップできる空間でした・・・
それにしても、綺麗に残っている・・・
駐車場も広くて、開放的・・・
無料で見学できるのにも驚いた・・・

「旧遷喬尋常小学校」 
所在地:岡山県真庭市鍋屋17番1
TEL:0867-42-7000
営業時間 見学 : 9:00~18:00
休業 : 水 祝日の翌日、年末年始(12月27日~1月4日)
構造形式:木造、建築面積601.2m2、二階建、スレート及び桟瓦葺
建築年代:1907年(明治40年)
重要文化財指定年月日:1999年(平成11年)5月13日

[PR]

by mini-mini32 | 2011-07-27 19:33 | 建築物

『舞子海上プロムナード」

舞子公園にある、「3邸めぐり」をし・・・
「孫文記念館」を見終わって、満足、満足~で、嬉しかった・・・
b0162442_1842387.jpg

せっかく来たんだから、そばにある明石海峡大橋を近くで見ようと・・・
橋の方に歩いて行くと・・・
b0162442_18422487.jpg

b0162442_18414611.jpg

凄いです~~
橋の下に来ると、ゴ~ゴ~と車の走っている音が聞こえます・・・
真下から見上げては、感動し・・・
はるか向こうの淡路島の方を見ては、嬉しくて・・・
こんな所があるなんて・・・知らなかった・・・
b0162442_2052218.jpg

橋の真下に、なになに・・・
「舞子海上プロムナード」・・・
海面から47メートル、陸地から150メートル、
明石海峡へ突出した延長317メートルの回遊式遊歩道・・・

もう帰らないと・・・と思いつつ・・・
やっぱり・・・入ってみよう・・・
b0162442_1848235.jpg

エレベータで、8Fに上がります・・・
b0162442_1849127.jpg

海に突きだした遊歩道を歩きます・・・
知らなかった・・・知らなかった・・・・
おお~何かドキドキします・・・
一人なので恐い感じ・・・
b0162442_18495955.jpg

あ・・・今、見て来たばかりの「孫文記念館」が見えます・・・
b0162442_18522210.jpg

b0162442_1928125.jpg

ここからだと、屋根の上も見られる・・・
ここから孫文記念館を見るのも必見かも・・・
b0162442_19282889.jpg

ずんずん歩いて行きます・・・
だぁ~れもいません・・・なので、恐い感じ・・・
こんな所で、何かあったら・・・・
b0162442_19315826.jpg
b0162442_1932118.jpg
b0162442_19322542.jpg
b0162442_19324764.jpg

やっぱり・・・何かあったら、ここに避難するんだ・・・こわ・・・
b0162442_2052181.jpg

何度も言いますが、一人なので、足早になります・・・
b0162442_20112780.jpg
b0162442_20114844.jpg

海抜47メートルの丸木橋・・・
足元に明石海峡・・・・
丸木橋の上を歩くのもこわ~~~ぃ
b0162442_20153589.jpg

展望ラウンジにたどり着いて、ちょっと休憩~
b0162442_20163942.jpg

b0162442_20273993.jpg

b0162442_20204780.jpg

そう言えば、一度も休憩も、給水もしていなかった・・・
こんなドリンクがありましたが、車なので・・・
b0162442_2023020.jpg

b0162442_20241470.jpg

なぜか、クリームソーダを・・・
b0162442_20205943.jpg

売店には、こんなものも・・・
b0162442_2025068.jpg
b0162442_20251175.jpg

こんな、施設があるとは知らなかった・・・
凄い・・・ここは来てみる価値あります・・・
b0162442_20445421.jpg

b0162442_20585297.jpg

「舞子海上プロムナード・明石大橋」
所在地 兵庫県神戸市垂水区東舞子町
開 園 9:30~18:00、ゴールデンウィークと夏休みは19:00まで
休 み 毎月第2火曜日
入場料 大人300円(240円)、小人150円(120円)  ※ ()内は平日料金
JR舞子駅・山陽電鉄舞子公園駅より南へ徒歩5分

[PR]

by mini-mini32 | 2011-07-09 21:03 | 建築物

『孫文記念館(移情閣)』・・・舞子公園建物めぐり③

『孫文記念館』・・・
昔はそんな名前ではなかったような気がします・・・
若かりし頃・・・舞子あたりまで来ると・・・神戸~~~って感じで、
遠くに来た感じに思っていました・・・
それと言うのも、明石を過ぎ舞子、塩屋あたりから
山側に洋館が建っていて、景色が違っていました・・・
でも、洋館を見に行きたいと言う感覚ではなく、
縁のないもので、遠い存在に感じていました・・・
今は、あの頃の舞子ではなく・・・
明石海峡大橋が出来てから、見違えるようになっています・・・
淡路島に行く時は、大橋をシュウ~~~と渡ってしまい・・・
今回、舞子公園のこの建物が見たくて、
初めて、舞子公園駐車場に・・・
もう、駐車場に入った途端に感激です~~
b0162442_17422572.jpg

b0162442_17424191.jpg

b0162442_20135320.jpg

b0162442_17435964.jpg
b0162442_17452635.jpg
b0162442_17455847.jpg

b0162442_2024218.jpg
b0162442_20251062.jpg

b0162442_20255457.jpg

b0162442_17463610.jpg
b0162442_17472124.jpg
b0162442_17473799.jpg
b0162442_17475848.jpg
b0162442_17481322.jpg

ここから、中に入って・・・
b0162442_17492475.jpg

b0162442_17502810.jpg

展示室です・・・
b0162442_17503745.jpg
b0162442_17504524.jpg

グッケンハイムにあった暖炉に似ている・・・
b0162442_17505238.jpg

六角堂の中は・・・
孫文記念館の説明のビデオが流れていました・・・
b0162442_1753070.jpg

b0162442_19343049.jpg

b0162442_17541527.jpg

やっぱり暖炉があります・・・
b0162442_17544960.jpg

暖炉の前のタイルはイギリスで復元で作らせたとか・・・
当時のタイル・・・おんなにオッシャレだったんだ・・・きれい・・・
b0162442_1755155.jpg

壁紙は、高級壁紙の金唐革紙・・・
b0162442_1758411.jpg

2階の六角堂は・・・
b0162442_17584162.jpg

b0162442_1915246.jpg

b0162442_1924323.jpg
b0162442_193278.jpg
b0162442_1931881.jpg

隣りの展示室には、孫文直筆の書・・・
b0162442_1975679.jpg
b0162442_1984178.jpg

2階の窓からは、もぉ~~~~最高の眺め・・・
b0162442_1955634.jpg

b0162442_1944351.jpg
b0162442_1953273.jpg

b0162442_19115758.jpg

すぐそこに、大橋が・・・
b0162442_1995141.jpg

どうです・・・凄いでしょ・・・
一人で見ているのが申し訳ない感じ・・・
b0162442_19102061.jpg

反対の山側もこんなに素敵・・・
b0162442_19134048.jpg

初めに見学した、「旧武藤山治邸」が見えてます・・・
こんなに近いんです・・・
b0162442_1914535.jpg

兎に角、と~~ても素敵な場所に、素敵な建物・・・
b0162442_19393850.jpg

b0162442_1917368.jpg
b0162442_19181921.jpg

3邸をめぐって来ました・・・♪
これだけ興奮して、感動して¥400円・・・どう?
b0162442_19515527.jpg


この記念館は、中国の革命家・政治家・思想家である孫文(1866~1925)を顕彰する
日本で唯一の施設で、1984(昭和59)年11月に開設された・・・
この建物は、もともと神戸で活躍していた中国人実業家・呉錦堂(1855~1926)の
別荘「松海別荘」を前身としている・・・
1915(大正4)年春、その別荘の東側に八角三層の楼閣「移情閣」が建てられ、
外観が六角に見えるところから、地元では長らく「舞子の六角堂」として親しまれてきた・・・

『孫文記念館(移情閣)』
兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
TEL 078-783-7172
午前10時~午後5時
休館日 月曜日(月曜祝日の場合は翌日)、
年末年始(12月29日~1月3日)


この後、
予定していなかったけれど・・・つづく・・・
[PR]

by mini-mini32 | 2011-07-07 20:11 | 建築物

『旧木下家住宅』・・・舞子公園建物めぐり②

「旧武藤山治邸」から、山側に歩いて行きます・・・
国道2号線を渡り、JRの高架をくぐり・・・
右手に、高層の『シーサイドホテル舞子ビラ神戸』を見ながら・・・
b0162442_16173363.jpg

突きあたりを左の住宅街に歩いて行き、民家の路地みたいなところを右に・・・
その奥が「旧木下家住宅」です・・・
門があり・・・
b0162442_16221888.jpg

ゆっくりと山に登っていく感じ・・・
木々が茂って気持ちいい・・・
b0162442_16211084.jpg

ここは、前庭に入る入り口・・・
b0162442_16214840.jpg

塀の窓は・・・まるで額縁のよう・・・
b0162442_19212368.jpg

b0162442_16223570.jpg

ここが、玄関・・・
b0162442_16224955.jpg

中に入ると、懐かしい所に来たような・・・
初めて訪れたのに、何か懐かしい・・・そんな感じがするのでした・・・
b0162442_21284239.jpg

b0162442_16264492.jpg

b0162442_1627313.jpg

b0162442_16265288.jpg


b0162442_2211762.jpg
b0162442_1627567.jpg
b0162442_16271547.jpg

b0162442_16263587.jpg

建具は全て夏用になっています・・・
b0162442_20131391.jpg

掛け軸は、やっぱり・・朝顔・・・
b0162442_20144378.jpg

中庭を挟んで茶室・・・
b0162442_2016591.jpg

どこも気持ち良く・・・
b0162442_20161759.jpg

b0162442_20181092.jpg

応接室・・・
b0162442_20192844.jpg
b0162442_20194841.jpg

広々とした、緑の茂った前庭・・・
b0162442_2020472.jpg

建物の後ろには、土蔵がありました・・・
b0162442_20294443.jpg

こんな蔵の取っ手・・・珍しくないですか・・・
b0162442_20292956.jpg

b0162442_2030564.jpg

驚いた事に・・・
横にこんなコンクリートの打ち放しの建物が・・・
1Fはトイレ・・2Fは管理棟・・・
b0162442_20215665.jpg

エレベーターで2階に上がると・・・
b0162442_20225810.jpg

主屋の屋根の上が見渡せます・・・
これは、想定外でした・・・驚き・・・
b0162442_20234824.jpg

b0162442_21372195.jpg

土蔵の屋根も見えます・・・
b0162442_20253951.jpg

まわりは緑に囲まれていて・・・
b0162442_20262540.jpg

b0162442_2204254.jpg

b0162442_2043766.jpg

木下家の窓から海側を見てみると・・・
次に行く、『孫文記念館』の屋根が小さく見えていました・・・
望遠で・・・
b0162442_204444100.jpg

1941年に建てられた数寄屋造りの日本家屋・・・
造られた当時の屋敷構えをほぼ完全に残しているそうです・・・
四季折々の佇まいを感じに、また訪れたい・・・
ゆっくりしたいと思うほど、素敵な木下家だったのですが、
「孫文記念館」を見学する時間を考えると・・・ゆっくりも出来ず・・・
歩いてきた来た道を、急いで戻りました・・・
いよいよ、「孫文記念館」です・・・


「旧木下家住宅」は元は神戸で海運業を営んでいた又野良助氏の個人宅として
昭和16年(1941)8月に建てられ、
その後、増築され昭和18年(1943)母屋が完成・・・
昭和27年(1952)には明石で鉄工業を営み、
現在のJR明石駅周辺の大地主だった木下吉左衛門氏の住宅になり・・・
平成12年(2000)8月に木下家より兵庫県に寄付、兵庫県は約4億円を投資して
平成18年(2006)12月から平成21年(2009)10月にかけて大規模な補修修復工事・・・
2009年10月24日から一般公開されています。
平成13年(2001)11月20日に登録有形文化財に登録された・・・そうだったのか・・・

建築年代 昭和16年(昭和18年増築)
敷地面積 2,209平方メートル
兵庫県立舞子公園 旧木下家住宅
電話番号 078-787-2050
午前10時~午後5時 (12月~2月は午後4時まで)
休館日  月曜日
※但し、祝日の場合は開館し、火曜日が休館日となります
・JR「舞子」駅下車 徒歩五分
・山陽電車「舞子公園」駅下車 徒歩5分
旧木下家住宅には駐車場がありません

[PR]

by mini-mini32 | 2011-07-06 19:16 | 建築物

「旧武藤山治邸」 (旧鐘紡舞子倶楽部)舞子公園建物めぐり①

またしても気になる建物探検です・・・
グッケンハイムから近いです・・・
明石海峡大橋の下・・・
b0162442_20371963.jpg

同じ垂水区・・・舞子・・・そう舞子公園駐車場に車を止めて・・・
平日の午後・・・こんなにガラガラ・・・
b0162442_2029897.jpg

b0162442_20581656.jpg

今回の目的は、3か所・・・
舞子の「3邸めぐり」です・・・もちろん一人で・・・^^
b0162442_20324739.jpg

車を置いて一番に行ったのは、
「旧武藤山治邸」(旧鐘紡舞子倶楽部)
b0162442_2036185.jpg

b0162442_2039773.jpg

b0162442_20395699.jpg

こんな素敵な景色です・・・後ろに明石海峡大橋・・・
b0162442_20383139.jpg

b0162442_20415548.jpg
b0162442_2042128.jpg

b0162442_20422239.jpg

離れて見ると・・・
b0162442_20435529.jpg

木造2階建てのコロニアル様式の建物で、
明治の西洋館の住宅形式や当時の実業家の生活がうかがえる・・・
b0162442_204464.jpg

修復、復元されたので綺麗でした・・・
外から見るのと、中とは違い・・・
b0162442_2144269.jpg
b0162442_2153386.jpg
b0162442_2155617.jpg
b0162442_2162285.jpg

2階に上がる階段の所には、ステンドグラス・・・
b0162442_216392.jpg

b0162442_2110441.jpg

b0162442_21757100.jpg

b0162442_2185314.jpg

b0162442_2112338.jpg

b0162442_2213248.jpg

窓からは、もちろん海が見えて・・・
b0162442_219248.jpg

b0162442_2112819.jpg

「旧武藤山治邸・ 旧鐘紡舞子倶楽部 」は、
鐘紡の中興の祖と言われ、衆議院議員として活躍した
武藤山治(1867年―1934年)が、明治40年に舞子海岸に建てた住宅で、
武藤山治が亡くなった後は、鐘淵紡績㈱により「鐘紡舞子倶楽部」として
従業員の厚生施設に利用されていましたが、
明石海峡大橋建設に伴う国道二号の拡張工事のため、
平成7年に和館は取り壊され、洋館のみが垂水区狩口台に移築された・・・
平成19年に兵庫県は、カネボウ㈱より寄贈を受け、
建物の縁の地である県立舞子公園への移築・修復工事を行なった・・・

b0162442_2116187.jpg

旧武藤邸の庭からは、後で行く「孫文記念館」が
明石海峡大橋をバックに見えています・・・
はやる気持ちを抑えつつ・・・
「旧木下家住宅」に・・・

旧武藤山治邸(旧鐘紡舞子倶楽部)
明治40年(1907年)
平成7年(1995年)移築
兵庫県神戸市垂水区東舞子町2051番地
兵庫県立舞子公園内
078-785-8610
午前10時~午後5時
休館日  月曜日
※但し祝日の場合は開館し、火曜日が休館日となります

[PR]

by mini-mini32 | 2011-07-03 21:28 | 建築物

『旧グッケンハイム邸』

JR山陽本線の神戸市垂水あたり・・・
いや、正確には塩屋の山側に見た事ありませんか・・・
私は、学生の頃から目にして気になっていました・・・
白色に緑の縁取りの洋館を・・・
塩屋のシンボル「旧グッケンハイム邸」
b0162442_2222455.jpg

行ってみようと思ったのは、最近見た近代建築の本で、
月に一回だけ一般公開していると言う事を知ったからでした・・・
それを知ってから、どうしても行きたくなった・・・
お昼から・・・雨が降る中、塩屋駅前に車を預けて・・・
一人歩いてグッケンハイム邸へ・・・
線路沿いに歩いて行き、踏切を渡り・・・
b0162442_20563983.jpg

b0162442_22301461.jpg

b0162442_223049100.jpg

いよいよ、門をくぐります・・・ワクワク・・・
b0162442_20571428.jpg

見えてきました・・・
b0162442_20583653.jpg

わぁ~~
緑と白のコントラストが素敵・・・
b0162442_20592673.jpg
b0162442_20595037.jpg
b0162442_210473.jpg
b0162442_211113.jpg

特有のアーチ形のデザインは至る所にありました・・・
b0162442_2111373.jpg

円形のエントランスポーチ・・・
b0162442_2112024.jpg

b0162442_2124167.jpg

嬉しさで・・・幸せ感いっぱい・・・
b0162442_2125534.jpg

中に入ると、正面に階段・・・
b0162442_217741.jpg

b0162442_645577.jpg

たくさんのショップカードやイベント案内・・・
b0162442_641985.jpg
b0162442_644047.jpg

玄関ホールですが、暖炉・・・
b0162442_21141715.jpg

左の部屋に入って行くと・・・
b0162442_2110479.jpg

テーブルの上には、グッケンハイム記事の載った多量の雑誌・・・
b0162442_2111199.jpg

b0162442_550267.jpg

b0162442_554245.jpg

b0162442_21133286.jpg
b0162442_21134977.jpg

もう・・・これだけでも満足~
でも、2階に・・・・このワクワク感がたまりません・・・
b0162442_21181998.jpg

わぁ~~~
b0162442_2119355.jpg

b0162442_2120697.jpg
b0162442_21203051.jpg
b0162442_2121820.jpg
b0162442_21211989.jpg
b0162442_21213994.jpg
b0162442_21215683.jpg

素敵です・・・
b0162442_21221047.jpg

お天気が良かったら、海が綺麗に見えるのに・・・
今日はかすんでいる・・・
でも、私はこの窓際に立てただけで満足~
b0162442_2123718.jpg

月に一回だけの公開日・・・
やっぱり、私のように見に来ている人も居て嬉しかった・・・
何度も何度も、見回って一人満足感に浸る事が出来た・・・
帰りは来た道と違う道を歩いてみると、
b0162442_6165738.jpg

なんと、こんな勝手口・・・
使われていないのかな・・・
b0162442_618437.jpg
b0162442_618268.jpg

東側からみたグッケンハイム・・・
b0162442_6184897.jpg

ここからだと、煙突も見えました・・・
b0162442_6194633.jpg


雨が降っていたのですが、パーキングに戻る途中、
塩屋の商店街を少し歩いてみた・・・
住宅街に点在する洋館も素敵だったけれど、
商店街にも気になるお店があり、また来たいと思ったのでした・・・

この建物は、1909(明治42年)イギリスの建築家ハンセルの設計で、
ドイツ系貿易商のグッケンハイム邸は
当時6年あまりその家族が暮らし、その後は複数の所有者を経て、
100年もの時をその姿のままに超えてきた・・・

神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
078-220-3924
毎月第3木曜日のみ一般公開
12:00〜17:00
駐車場はありません
JR塩屋駅徒歩5分
ひょうごの近代住宅100選
各種教室やイベントに活用されています

[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-27 22:23 | 建築物

「姫路カトリック教会」

「姫路カトリック教会」・・・・・
b0162442_21155599.jpg

b0162442_21355172.jpg

b0162442_19502341.jpg

中は広くて、何かすがすがしい感じ・・・
b0162442_21215092.jpg

b0162442_21362127.jpg

もちろん、見学させてもらいました・・・
気持ち良く、どうぞ~~~って^^
わぁ・・・・ぁ~~~~
b0162442_2122413.jpg

b0162442_212858.jpg

b0162442_21253350.jpg

b0162442_21312749.jpg

b0162442_21261025.jpg

b0162442_21315461.jpg

ステンドグラスに私は釘ずけ・・・・・
b0162442_19533293.jpg

b0162442_19544997.jpg

b0162442_19555554.jpg

b0162442_19565495.jpg

b0162442_19582397.jpg

b0162442_19594344.jpg
b0162442_2011849.jpg
b0162442_2021193.jpg

b0162442_2052397.jpg

ステンドグラスの作者のサインなんでしょうね・・・
b0162442_204297.jpg

ここは・・・
えっ・・・納骨堂の入り口・・・でした・・・
石組みで、重々しい感じ・・・
b0162442_207335.jpg


2階に上がってみます・・・
階段の壁にも・・・
b0162442_208693.jpg

高窓には・・・
b0162442_20113723.jpg

読書コーナー・・・
b0162442_2012959.jpg

ここの窓からも見おろせます・・・
b0162442_20132289.jpg

確かここはレストラン「TOKI」だったはず・・・閉まっている・・・休み?
b0162442_2310725.jpg

中をのぞいてみましたが、
レストランはやっていないような・・・感じでした・・・
窓には、やっぱりステンドグラス・・・
b0162442_23121339.jpg

何か、心が静まり、やさし~い気持ちになれました・・・
b0162442_2383084.jpg

b0162442_2385366.jpg

ありがとうございました・・・

「姫路カトリック教会」
姫路市本町68番地


ステンドグラス作者は地元の方でした・・・
「立花江津子」
パルナソスホールを始め、松蔭女子学院やポートピアホテル、
オランダのベネディクト修道院など作品多数・・・
姫路は城南地区の出身だそうです・・・

[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-04 16:37 | 建築物