<   2011年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

『旧グッケンハイム邸』

JR山陽本線の神戸市垂水あたり・・・
いや、正確には塩屋の山側に見た事ありませんか・・・
私は、学生の頃から目にして気になっていました・・・
白色に緑の縁取りの洋館を・・・
塩屋のシンボル「旧グッケンハイム邸」
b0162442_2222455.jpg

行ってみようと思ったのは、最近見た近代建築の本で、
月に一回だけ一般公開していると言う事を知ったからでした・・・
それを知ってから、どうしても行きたくなった・・・
お昼から・・・雨が降る中、塩屋駅前に車を預けて・・・
一人歩いてグッケンハイム邸へ・・・
線路沿いに歩いて行き、踏切を渡り・・・
b0162442_20563983.jpg

b0162442_22301461.jpg

b0162442_223049100.jpg

いよいよ、門をくぐります・・・ワクワク・・・
b0162442_20571428.jpg

見えてきました・・・
b0162442_20583653.jpg

わぁ~~
緑と白のコントラストが素敵・・・
b0162442_20592673.jpg
b0162442_20595037.jpg
b0162442_210473.jpg
b0162442_211113.jpg

特有のアーチ形のデザインは至る所にありました・・・
b0162442_2111373.jpg

円形のエントランスポーチ・・・
b0162442_2112024.jpg

b0162442_2124167.jpg

嬉しさで・・・幸せ感いっぱい・・・
b0162442_2125534.jpg

中に入ると、正面に階段・・・
b0162442_217741.jpg

b0162442_645577.jpg

たくさんのショップカードやイベント案内・・・
b0162442_641985.jpg
b0162442_644047.jpg

玄関ホールですが、暖炉・・・
b0162442_21141715.jpg

左の部屋に入って行くと・・・
b0162442_2110479.jpg

テーブルの上には、グッケンハイム記事の載った多量の雑誌・・・
b0162442_2111199.jpg

b0162442_550267.jpg

b0162442_554245.jpg

b0162442_21133286.jpg
b0162442_21134977.jpg

もう・・・これだけでも満足~
でも、2階に・・・・このワクワク感がたまりません・・・
b0162442_21181998.jpg

わぁ~~~
b0162442_2119355.jpg

b0162442_2120697.jpg
b0162442_21203051.jpg
b0162442_2121820.jpg
b0162442_21211989.jpg
b0162442_21213994.jpg
b0162442_21215683.jpg

素敵です・・・
b0162442_21221047.jpg

お天気が良かったら、海が綺麗に見えるのに・・・
今日はかすんでいる・・・
でも、私はこの窓際に立てただけで満足~
b0162442_2123718.jpg

月に一回だけの公開日・・・
やっぱり、私のように見に来ている人も居て嬉しかった・・・
何度も何度も、見回って一人満足感に浸る事が出来た・・・
帰りは来た道と違う道を歩いてみると、
b0162442_6165738.jpg

なんと、こんな勝手口・・・
使われていないのかな・・・
b0162442_618437.jpg
b0162442_618268.jpg

東側からみたグッケンハイム・・・
b0162442_6184897.jpg

ここからだと、煙突も見えました・・・
b0162442_6194633.jpg


雨が降っていたのですが、パーキングに戻る途中、
塩屋の商店街を少し歩いてみた・・・
住宅街に点在する洋館も素敵だったけれど、
商店街にも気になるお店があり、また来たいと思ったのでした・・・

この建物は、1909(明治42年)イギリスの建築家ハンセルの設計で、
ドイツ系貿易商のグッケンハイム邸は
当時6年あまりその家族が暮らし、その後は複数の所有者を経て、
100年もの時をその姿のままに超えてきた・・・

神戸市垂水区塩屋町3丁目5-17
078-220-3924
毎月第3木曜日のみ一般公開
12:00〜17:00
駐車場はありません
JR塩屋駅徒歩5分
ひょうごの近代住宅100選
各種教室やイベントに活用されています

[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-27 22:23 | 建築物

『須磨海浜水族園」

須磨の水族館と呼んでいた頃から来ていませんでした・・・
今は、「須磨海浜水族園」です・・・
b0162442_16293853.jpg

入るなり、大きな水槽「波の大水槽」
b0162442_16295771.jpg
b0162442_1630410.jpg

水槽のガラスの厚さはこんなに分厚いらしい・・・
b0162442_16302484.jpg

近代的な水族館になって・・・
b0162442_16333465.jpg
b0162442_16334244.jpg

「クエ」ってこんな魚だって・・・
b0162442_16335134.jpg

b0162442_16343173.jpg

「しおまねき」・・・私の住んでいる、姫路市的形の海にもたくさん居たそうで、
小学校の広報新聞の名前が「しおまねき」です・・・
b0162442_16343989.jpg

「ラッコ」
b0162442_16382232.jpg

b0162442_16384183.jpg

b0162442_1639435.jpg
b0162442_16391518.jpg

b0162442_16473678.jpg
b0162442_16475269.jpg

ちびっこ達のお楽しみ~イルカショー
b0162442_16405470.jpg

b0162442_16423974.jpg

前の方は水がかかると言うので、カッパを買って用意して・・・
ある意味、水がかかりたい人種かも・・・我々・・・^^
b0162442_16424936.jpg

b0162442_16442433.jpg
b0162442_16444038.jpg
b0162442_16444981.jpg
b0162442_16445861.jpg

結局、2回もイルカショーを見てしまった・・・
b0162442_16451674.jpg

b0162442_16581452.jpg

b0162442_1653182.jpg

b0162442_16583381.jpg

久しぶりの、須磨の水族館(水族園)・・・
素晴らしくなっていて、びっくりした・・・
もうすぐ、姫路の水族館も開館する・・・
こんなに近代的ででっかくはないけれど、それはそれで楽しみ~
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-26 17:02 | 神戸・西宮・大阪・

『須磨浦山上遊園』

懐かしい名前です・・・
須磨浦ロープウェイに乗って・・・『須磨浦山上遊園』へ
子供の頃子供会で・・・年頃になってはデートで・・・
結婚してからは子供たちを連れて・・・何度も来ています・・・
その昔、この須磨浦ロープウェイは行楽客でいっぱいでした・・・
最後に行ったのは、20数年前・・・息子が小学生でした・・・
今回は、息子家族と一緒に・・・
b0162442_20503293.jpg

ゴンドラは新しくなっていますが、建物は昔のまま・・・
b0162442_19515743.jpg

晴れていたら、大阪湾、瀬戸内海が見えます・・・
b0162442_19561159.jpg

b0162442_19545369.jpg

海抜246mの鉢伏山へ・・・「うみひこ・やまひこ」
b0162442_19554839.jpg

次は、カーレーターに乗り換えて・・・
全長91m2人乗り・・・勾配は25度の急斜面をゆっくり進んでいく・・・
b0162442_195924100.jpg
b0162442_19593386.jpg

b0162442_20103191.jpg

その次は、リフトです・・・
b0162442_19595650.jpg

b0162442_202371.jpg

こんなカワイイ看板・・・
b0162442_2095221.jpg
b0162442_2010267.jpg
b0162442_20101163.jpg

回転展望閣があります・・・
b0162442_2045929.jpg

山頂から山頂へ乗り継いで・・・
b0162442_2025580.jpg

やっと、「噴水ランド」
その昔は、「ドレミファ噴水パレス」があった・・・
b0162442_207076.jpg

b0162442_2101457.jpg

バーベキューの設備もありました・・・
懐かしい、須磨浦山上・・・
昔のままが沢山あり懐かしかった~
b0162442_209638.jpg

雨がチラホラしてきたので、須磨浦公園駅に戻り、お昼ごはんを・・・
須磨公園駅から西へ100Mほどの所に、敦盛塚があり・・・
平 敦盛(たいら の あつもり)は、平安時代末期の武将で、
清盛の弟・経盛の三男で、17歳の若さで熊谷直実に討たれたと・・・
このあたりが「一ノ谷合戦」の西の端になるようです・・・
b0162442_20382225.jpg
b0162442_20384865.jpg

その横に、蕎麦やさん「敦盛そば」
このお店、昔はなかった・・・
b0162442_202826.jpg

b0162442_20285397.jpg

敦盛塚の資料がありました・・・
b0162442_2029171.jpg

「敦盛そば」を注文
b0162442_20375345.jpg

国道2号線沿いでした・・・
b0162442_2054260.jpg


この後、「須磨海浜水族園」へ・・・
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-25 20:58 | 神戸・西宮・大阪・

姫路でランチ・・・『La Pomme (ラ・ポム)』

ランチを続けます・・・
予約してから、2週間待ちました・・・
そんなに混んでいるランチ・・・
オープンして2年にもなるそうで、今頃・・・って思われるかもですが・・・
気になるのです・・・確認しないと・・・
b0162442_19391642.jpg

b0162442_20223345.jpg

店内はシンプルで席数は少ない・・・
b0162442_19583848.jpg

「ポムランチB」を注文・・・
b0162442_20253891.jpg

b0162442_19592098.jpg
b0162442_1959299.jpg
b0162442_19593850.jpg
b0162442_19594644.jpg

魚の骨が刺さっています・・・
これは食べられない・・・
b0162442_200090.jpg
b0162442_200637.jpg

b0162442_2001935.jpg

量的には少ないですが、美味しかったです・・・
でも・・・この後、驚愕のデザート・・・
b0162442_20154231.jpg
b0162442_20155089.jpg

ジャァ~~~ン!!
デザートのワゴンサービス・・・
b0162442_20172417.jpg

お好きなだけどうぞ・・・って・・・
思い切ってこれだけ入れてもらいました・・・^^
b0162442_20183928.jpg

どれも美味しかった・・・
しかも!この後、まだお口直しがありました・・・
b0162442_20194135.jpg

このワゴンで運ばれてくるデザートが人気なんだ・・・
美味しかった・・・満腹~♪
b0162442_20202625.jpg

今度は、ランチCを食べたいな・・・
(ランチAにはワゴンデザートがないみたいです・・・ご注意)

神戸の諏訪山展望台にある
老舗フ「レンチレストラントゥール・ドール」で修行されたそうです・・・

フレンチレストラン La・Pomme(ラ ポム)
姫路市北条梅原町230(サンセール101)
079-222-2772
定休日 水曜日
Lunch11:30〜14:00
Cafe 14:00〜16:00
Dinner17:00〜21:00

[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-24 20:39 | 姫路市内

神戸でランチ・・・『菜っぱ』

4月に行った神戸三宮でのランチです・・・
何年も前から、気になっていました・・
有機野菜を中心に、旬の食材を使った和食ベースの創作料理・・・
『菜っぱ』・・・・
住所を便りに、探して・・・・ついに行って来ました・・・
ありました~なんと、神戸大丸のすぐ近く・・・
ビルの2Fなので、見逃してしまう感じ・・・
b0162442_18355336.jpg

やっぱり・・・並んでいました・・・しかも階段です・・・
でも、通行の邪魔にならず並びやすい・・・
b0162442_18353443.jpg

順番が近づいて来ても、店内の様子はまったく見えません・・・
なので、余計にワクワク~
b0162442_18361966.jpg

ついに・・・
店内は入った所に長いカウンター・・・
もちろん、満席・・・
b0162442_18384932.jpg

店主(シェフ)は右の方
b0162442_1839011.jpg

カウンター席に案内されたので、店主らしき人が、
忙しそうに調理して居るのが良く見えて嬉しかった・・・
b0162442_18411392.jpg

ランチはその日に採れた旬魚の煮付けなどが付く「日替わり主菜のランチ」
それが評判で、行列の人気・・・・・
b0162442_1842277.jpg

この時、これは多分、小松菜のサラダ・・・
小松菜も生で食べれるんだ・・・美味しかった・・・
b0162442_1851091.jpg

b0162442_18514935.jpg
b0162442_1852060.jpg
b0162442_1852789.jpg
b0162442_185215100.jpg

う~~~ん^^美味しい・・・
b0162442_18523549.jpg

この後、デザートもありました・・・
b0162442_18534172.jpg
b0162442_18534864.jpg

並んだ甲斐がありました・・・
野菜が美味しく調理され、魚の煮付けも私好み~
気合いを入れて調理されているので、
客は気合いを入れて待って、気合いを入れて食べているように見えた・・・
私も、カウンターの中で繰り広げられる、調理をかたずをのんで見ていた・・・
包丁さばきも、盛り付けも・・・納得・・・
神戸大丸に近く、ここなら一人でも来れそう・・・
いや、是非来たい・・・
器も素敵ででした・・・
b0162442_1921536.jpg

この言葉の通り・・・
野菜とは・・・葉を食べるもの・・・根を食べるもの・・・実を食べるもの・・・
茎をたべるもの・・・
そうか・・・すべて食べられるんだった・・・
b0162442_19113445.jpg

店主は元三宮市場の八百屋勤務で、野菜が好きで自分でも栽培しているという・・・
自身が育てる露地栽培の野菜はどれも甘味が強くフルーツのようだって・・・
どの料理も野菜がメインだから、例えばカルパッチョでもサラダ仕立てにして
野菜を目立たせる・・・
09年4月には南京町に2号店『旬野菜 あげ菜っぱ』もオープン。

なるほど・・・
2号店も行かなくっちゃ・・・^^

「菜っぱ」
兵庫県神戸市中央区三宮町3-2-1 力餅ビル2F
078-332-5032
11時30分~14時30分
17時~22時30分
(LO 21:30)
不定休
ランチの予約は出来ません

[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-23 19:36 | 神戸・西宮・大阪・

「港めぐり遊覧船・五老スカイタワー・引揚記念館・引揚桟橋」舞鶴・・・下

舞鶴に来た事はありましたが、
「港めぐり遊覧船」に乗るのは初めてでした・・・
b0162442_1853254.jpg

b0162442_1855499.jpg

日曜日だったせいか、満員~
1日2便しかないからかな・・・
レンガ倉庫群が見えています・・・
b0162442_18221920.jpg

b0162442_187586.jpg
b0162442_188946.jpg
b0162442_1882432.jpg

船着き場から離れていきます・・・
遠く向こうに、クレインブリッジ・・・
「岸壁の母」の桟橋がある所・・・
b0162442_1883355.jpg

見えて来るのは、普段見る事の出来ない、いろんな船・・・
b0162442_18153695.jpg

b0162442_1815467.jpg

海軍の造船所だけあって、海側からみる景色に感激・・・
b0162442_1816452.jpg
b0162442_1816119.jpg
b0162442_18161712.jpg
b0162442_18162435.jpg
b0162442_18163155.jpg

b0162442_18172787.jpg

b0162442_18165289.jpg

b0162442_1819787.jpg
b0162442_18193025.jpg
b0162442_18194496.jpg
b0162442_1820335.jpg
b0162442_18201863.jpg
b0162442_18203755.jpg

遊覧船に乗っているのですが、
まるで自分たちが護衛艦に乗っているような、
そんな錯覚に陥り・・・
「男たちの大和」のワンシーンが浮かんできました・・・
舞鶴は、その他にも沢山の映画が撮られています・・・
ちょっと見ただけですが、魅力的な町で、
まだまだ見どころあって、ゆっくり出直さなければと思いました・・・


少し離れた山の上に、
「五老ケ岳公園の五老スカイタワー」・・・
ここからの景色が、絶景でした・・・
近畿百景第一位の眺望だそうです・・・
b0162442_18402811.jpg

この日は悪天候・・・
b0162442_18403949.jpg
b0162442_18404998.jpg
b0162442_18405838.jpg

山の上でも、このマーク・・・さすが、舞鶴^^
b0162442_1841718.jpg


「引揚記念館・引き上げ公園]
第二次世界大戦後、ソ連による抑留から解放され、
引揚船でこの地に帰ってきた・・・
b0162442_18544677.jpg
b0162442_18552077.jpg
b0162442_18553165.jpg

b0162442_1859270.jpg

b0162442_18592190.jpg

「引き上げ桟橋」・・・「岸壁の母」の・・
b0162442_1973248.jpg
b0162442_1974512.jpg
b0162442_1975269.jpg

当時の桟橋の写真・・・
b0162442_19838100.jpg


   「岸壁の母」   
   藤田まさと作詞・平川浪竜作曲・室町京之介台詞


   母は来ました 今日も来た
   この岸壁に 今日も来た
   とどかぬ願いと 知りながら
   もしやもしやに もしやもしやに
   ひかされて

   また引揚船が帰って来たに、今度もあの子は帰らない……
   この岸壁で待っているわしの姿が見えんのか……
   港の名前は舞鶴なのに何故飛んで来てはくれぬのじゃ……。
   帰れないなら大きな声で……
   お願い……
   せめて、せめて一言……

   呼んで下さい おがみます
   あゝおっ母さん よく来たと
   海山千里と 云うけれど
   何で遠かろ 何で遠かろ
   母と子に

   あれから十年……
   あの子はどうしているじゃろう。
   雪と風のシベリアは寒いじゃろう……
   つらかったじゃろうといのちの限り抱きしめて……
   この肌で温めてやりたい……
   その日の来るまで死にはせん。
   いつまでも待っている……

   悲願十年 この祈り
   神様だけが 知っている
   流れる雲より 風よりも
   つらいさだめの つらいさだめの
   杖ひとつ

   ああ風よ、心あらば伝えてよ。
   愛し子待ちて今日も又
   怒涛砕くる岸壁に立つ母の姿を……

b0162442_1948519.jpg

『第2次世界対戦の終結後、海外に残された日本人は、軍人・軍属が330万人、
一般邦人が300万人以上といわれ、これらの人々は、
短期間にしかも一斉に帰国しなければならなくなった。政府は、昭和20年9月28日、
舞鶴、浦賀、呉、下関、博多、佐世保、鹿児島、横浜、門司を
引揚港に指定して業務を開始した。
この膨大な、海外からの引き揚げは、国内から駆けつけた肉親との再開は
明暗と哀歓を織りまぜた人生の一大ドラマだった。
特に舞鶴は昭和25年以降、国内唯一の引揚港として最後まで重要な役割を果たした。』
(舞鶴市HPより引用)

しみじみ考えると、先人たちの御苦労に涙が出そうです・・・
そして、戦争のない時代に生まれた事に感謝します・・・
これからも、平和が続きますように・・・祈
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-21 19:49 | 京都

舞鶴市立「赤レンガ博物館」舞鶴・・・上

少し前ですが、舞鶴に行って来ました・・・
旧海軍が築いた、赤レンガの倉庫群・・・
近代日本の礎を築いた、赤レンガ・・・
まずは、「赤レンガ博物館」・・・
b0162442_21445764.jpg
b0162442_21453099.jpg
b0162442_21454330.jpg
b0162442_2145513.jpg
b0162442_2146498.jpg
b0162442_21461517.jpg

見覚えのある建物があります~♪
b0162442_5444052.jpg

b0162442_543782.jpg

b0162442_544813.jpg

b0162442_547178.jpg

博物館から歩いてすぐの所に、
赤レンガ倉庫群」がありました・・・
b0162442_21465226.jpg

b0162442_21483945.jpg
b0162442_21485043.jpg
b0162442_2149121.jpg
b0162442_21492189.jpg

倉庫の中は、多目的の活用されて・・・
b0162442_2149414.jpg

これもまた素敵でした・・・
b0162442_21502774.jpg

電動荷揚機・・・
b0162442_5564880.jpg
b0162442_5571076.jpg

工事中の倉庫もあって、まだまだ楽しみ・・・
b0162442_5574550.jpg

ポストもレトロで・・・
b0162442_21515419.jpg

「男たちの大和」の舞台にもなった、赤レンガ倉庫・・・
私の大好きな、明治、大正を思わせる、
とっても、素敵な空気が漂っていました・・・
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-21 06:09 | 京都

雑貨店「Chaplin(チャップリン)」

姫路市内をちょっと、ウロウロ・・・
知りませんでした・・・何度か前を通った事あるのに・・・
b0162442_2032341.jpg

ステンドグラスの入ったドア・・・
b0162442_20311780.jpg
b0162442_2031377.jpg

何屋さん・・?
b0162442_20342581.jpg

ちょっと、入ってみる事に・・・
b0162442_20353383.jpg
b0162442_20354584.jpg
b0162442_20355452.jpg
b0162442_20361391.jpg
b0162442_20362023.jpg

ステンドグラスがいっぱい~
ステンドグラスショップ・・・工房?
b0162442_20362978.jpg

製作中でしたが、快く見せて頂けました・・・
b0162442_20382215.jpg

2階は、キッチン雑貨や陶器などのショップで・・・
b0162442_20412352.jpg
b0162442_20414138.jpg
b0162442_20415235.jpg
b0162442_2042781.jpg
b0162442_20421489.jpg

もともと手作りの陶器や木工家具、ステンドグラスとなどをそろえる雑貨店として
昨年8月にオープンしたそうですが、ステンドグラスをメーンに扱う雑貨店として
4月1日、リニューアルオープンしたそうです・・・
道路沿いには、こんな看板が・・・
b0162442_2161983.jpg

この看板を見て、雑貨屋さん&ステンドグラスとは思わなかった・・・

雑貨店「Chaplin(チャップリン)」
兵庫県姫路市南車崎2
TEL 079-260-8827
 
HP ←ここをクリック
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-20 21:10 | 姫路市内

ラッピング電車「銀河の旅」

加古川線を走っている、横尾忠則デザインのラッピング電車の一つ、
「銀河の旅」が明日(19日)で運航を終了になる・・・
なので、先日、加古川駅に行って来ました・・・
加古川線ホーム・・・
b0162442_2035729.jpg

やってきました~やってきました~~
b0162442_2051271.jpg
b0162442_2054333.jpg

この昆虫何?
ホタル・・・??
b0162442_2055876.jpg
b0162442_206577.jpg
b0162442_2061357.jpg

b0162442_20224275.jpg

b0162442_2061941.jpg

おお・・・確かに、銀河系ですね~
b0162442_2062715.jpg

加古川で、7分停車・・・そして、折り返し出発~
なので、7分間の間に・・・
b0162442_2075216.jpg

b0162442_20115912.jpg

降りるときのドアを開けるボタン・・・?
b0162442_208534.jpg

外から、乗る時にドアを開けるボタン?
b0162442_2092433.jpg

今度は反対側が運転席で、先頭・・・
b0162442_20105039.jpg
b0162442_20112236.jpg

『いよいよ、あと少しで終わりですね・・・』
『そうです・・・』
などと話して・・・
発車~♪
b0162442_20134881.jpg
b0162442_2014120.jpg

おつかれさまでした~
横尾忠則デザインのラッピング電車・・・
これで、4種類全て見ました^^
「見る見る速い」5月15日に終了しました
b0162442_5424657.jpg

「滝の音、電車の音」10月10日まで
b0162442_5434759.jpg

「走れ!Y字路」来年11月ごろに終了
b0162442_5452141.jpg

そして「銀河の旅」6月19日に終了
b0162442_547729.jpg

やっぱり、動くアートですね・・・
横尾忠則さん、「春の叙勲 旭日小綬章」おめでとうございます・・・♪
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-18 20:34 | 加古川・小野市・三木

MISIA姫路初上陸!

新聞の広告で知りました・・・
「残りわずか!」の文字に、弱い・・・
姫路に・・・姫路にあのミーシャが来る・・・
ソックリさんでなく、本物のミーシャ・・・慌ててチケットをゲット・・・
姫路に来るのに、行かない手はないでしょ・・・
b0162442_2319356.jpg

「魂を揺さぶる冒険が、今始まる」
b0162442_23335895.jpg

b0162442_23325967.jpg

行って来ました、姫路文化センター大ホール・・・
b0162442_2333661.jpg
b0162442_23332299.jpg

凄いエネルギーだった・・・
「体にも心にも、栄養を・・・」
「心の栄養は歌・音楽で・・・」とミーシャは言っていた・・・
なるほど、元気ドリンク飲んだくらい、パワーをもらった・・・
姫路文化センター1階も2階も満席・・・立ち見も・・・
やっぱり凄かった!ミーシャ♪
パワーをありがとう~♪
[PR]

by mini-mini32 | 2011-06-17 23:47 | 美術・芸術・音楽